床コーティングの違い「ガラスコーティングVSウレタンコーティング」

ガラスコーティング

このタイプのコーティング材は、非常に硬い薄い膜で床を保護することが可能と言われています。傷がつきにくく、目立ちにくいというメリットもあります。その他にも、簡単に施工できるというメリットがあるため、なるべく早くコストを抑えて施工したいという人には最適かもしれません。

ウレタンコーティング

家具などの引きずり傷に強いタイプのウレタンコーティングも、多くの人から人気です。傷がつきにくく目立ちにくいというメリットの他に、安全性が高いというメリットも存在するため安全面も考慮しつつ選びたいという人達から注目されていると言われています。

どうやったら綺麗が続く?床コーティングでお悩み解消!

床

施工するならいつが最適?

床をコーティングすることで、傷が付きにくくなり綺麗な状態が維持しやすくなります。しかし、床コーティングの施工をしたいけど、いつした方が良いの?という疑問を抱えている人は少なくありません。どうせフロアコーティングをするならベストなタイミングで施工の依頼をしたいと考える人が多いためと言われています。床コーティングをするなら、最適なのは新築時や引っ越し前が良いでしょう。新築時なら傷が付いていない状態のため、床を守るために床コーティングをするのであれば、最適なタイミングなのです。引っ越し前なら、大型家電や家具などを運んでいない状態のため、施工前に家具類の移動をする必要もありません。そのため、新築時か引っ越し前が良いと言われているのです。クーラーや洗濯機のメンテナンスを専門的に行う修理業者が存在するように、床には床のコーティングを専門とする業者が存在します。自力でコーティングをすることは不可能ではありませんが、きれいに仕上げたいのであれば業者に相談することをおすすめします。

初めて利用する人は業者を選ぼう

床コーティングの施工を初めて業者に依頼するという人は、業者選びのコツや方法を事前に調べておきましょう。業者選びのコツは、まず最初に幾つか気になる業者をピックアップし、資料やサンプルなどをいくつか取り寄せます。インターネットや情報誌などに無料でサンプル提供をしている業者が掲載されているため、そういった場所から床コーティング施工の業者を探してみましょう。そして、サンプルや資料を取り寄せたら、業者同士でサービス内容や、アフターフォローの体制などを見比べ最もベストと思う業者を選んでみるといいです。その後、ピックアップした業者に見積もりを出してもらい、その価格に納得できた場合は依頼しましょう。価格に納得できない場合は、他の業者でも見積もりの依頼をし比べてみてください。業者の中には、無料で見積もりを行なっている場所もあるため、コストを抑えるなら無料見積もりを実施している業者を選んだ方がいいでしょう。

フロアコーティングの種類も調べよう

業者を選んだあとは、床コーティングに使うコーティング材の種類も調べておきましょう。業者によって取り扱っているコーティング材の種類は異なります。そのため、自分が希望するコーティング材があるかどうかも調べておきましょう。コーティング材の効果やコストをみて、選びたいという人は、業者にコーティング材のサンプルなどを請求してみてください。サンプルを実際に見ることで、光沢感や質感などを直に見て判断することができると言われています。そして、コーティング材にはどんな種類があるのか調べてみたいという人はインターネットなどを使って床コーティングの種類を調べてみるといいです。

コンセントの増設はプロに頼もう

住宅の中でダメージが気になる部分

フロアコーティングをする人が多いように、床のダメージが気になる人も多いと言われています。床の傷や汚れなどは、ふとした瞬間に目に入り気になってしまう場所でもあるため、日頃からケアしておくようにしましょう。ケアが難しい場合は、コーティング材などを塗って汚れや傷がつきにくい床にしてみてください。

水回り

毎日のように使う場所だからこそ、水回り部分はダメージが現れやすいと言われています。ダメージの種類や、現れる部分は住宅によって異なりますが、主にキッチン・トイレ・バスルームや洗面台などに出やすいと言われています。水回りのダメージは進行してしまうと、住宅全体のダメージになってしまう可能性もあるため早めに解決しておきましょう。

玄関ドア

雨や風・紫外線の影響を直接受けてしまう玄関部分のドアも、住宅の中ではダメージを受けやすい場所と言われています。玄関ドアが、ダメージを受け脆くなってしまうと、防犯上の性能なども落ちてしまうため調子が悪いなと思った時は早めに業者に依頼し、修理か玄関ドアの交換などしておきましょう。また、激安価格で玄関ドアリフォームをする事も可能と言われています。

リビングルーム

毎日のように家族が集まる場所だからこそ、ダメージも受けやすいと言われいます。リビングルームの床や壁などは、日頃から掃除をしていても、徐々にダメージを受けている可能性があります。そのため、将来的にはリフォームなども視野に入れておいた方が良いでしょう。ダメージを受けている部分だけリフォームする事も可能です。

[PR]
フロアコーティングならプロにお任せ!
評判の高い専門店を厳選紹介☆

[PR]
新電力の特長
問い合わせ内容を調べよう

床コーティング業者を利用しよう

床のコーティング比較

広告募集中

洗濯機の修理なら専門業者にお任せ!