コンシーラーを使ってシミやニキビをカバーしよう

婦人

まつ毛を薬で増やす方法

瞳

薬剤を塗って毛を増やす

女性の顔の美しさに密接に関わる要素というと、長く濃いまつげがまずイメージされると思われます。自分のまつげが短かったり、量が少なくて悩んでいる人は多くいると思われます。つけまつげやエクステで人工的に増やす方法や、美容液を使って長く量も多くさせる方法もありますが、病院で治療する方法も実はあります。まつげが短く、細く少ないという症状の人は、まつ毛貧毛症という症状であると言われます。まつ毛貧毛症は病院で薬剤を処方してもらって治療するというやり方があります。病院にかかれば、薬を塗ることで自分のまつげを増やせるということで、多くの女性に朗報と言えます。メイクも簡単になりますし、マスカラを使うにしても映えるまぶたになれます。

ブラシで薬を塗って使う

まつ毛貧毛症を直せる薬の存在は、もともと少ないだけでなく、抗がん剤によって髪や毛が抜けたり薄くなったという人にも有効です。薬剤なので病院で医師の処方が必要です。元々は、緑内障の点眼薬から生まれた薬剤という経緯があります。薬剤の使い方は、まずメイクなどを落として洗顔もしてまつ毛を清潔にし、専用のブラシに薬剤を付けて染み込ませ、まつ毛の生え際に塗っていきます。まつ毛以外に薬が付いた場合は拭きとっておきます。ブラシは滅菌済みの使い捨てなので再利用しないようにします。薬剤の価格は70日分で1、2万円前後が相場です。薬剤には保険が適応されませんので、その心積もりで費用を用意しておきましょう。処方される病院によって若干価格が変わりますので、費用比較も大切です。